出会いはキャバクラだったかもしれない。
たった1人の冴えないおっさんが、たった1人のキャバクラで働く女の子に恋をした。
キャバ嬢の落とし方とかをネットで熟読することもありました。

いきなり来て、いきなり場内指名してさっと褒める。
普段からちやほやされてるレベルの高いキャバ嬢でも、いきなりだと喜んでくれるとか。
でも、軽いノリで媚びている感じにならないように気をつけるとか。

基本的に自分より立場が下と感じる男性には恋愛感情は抱かないものだといいます。
じゃあ、私はもうアウトではないのか???
超下に見られてるのではないのか???
嫌、初めてじゃないからいいのか?
彼氏いるの?って聞くと、いつもいないって言うんだよな。
ひなはみんなのひなだよ。くまっち(私)のひなだよ。
って言うんだよな・・・。
わかってはいるんです。
あなたの心に私は映っていないことを。
そして、あなたの目には、みんなが金にしか見えていないことを。
それでも、私は貴方が好きです。
あなたの屈託のない笑顔が好きです。あなたの何気ない気遣いが好きです。
そんな私は、ただただあなたのそばにいれるだけで幸せです。
ってブログに綴ることくらいしか出来ません。
キャバ嬢を落としたいなら追うより追われるようにすればいいというけど、そんなのは容姿が良くて、背が高くてハゲてない人が出来るテクニックですよね・・・。
ネットで見てると、タイプ別キャバ嬢の落とし方というのもあって、星タイプ・ハートタイプ・ダイヤタイプとか言うんだとか。
ひなちゃんはダイヤタイプかな?と思ってます。
ダイヤタイプは、昼間に働いたり学生の子のことだとか。そういうタイプには、普通に子として接すればいいんだとか。
それは勉強になりました。
冴えないおっさんですが、夢を置い続ける少年の心を持ち続けて陰ながら見守っていきたいと思います!